BrowzWear

BrowzWearのデモンストレーションをお願いしたいです。

お問い合わせフォームよりご連絡ください。


リモートでのデモンストレーションも対応可能です。

3Dサンプル作成を依頼したいです。

1点から作成いたします。


詳細はこちらをご参照ください。

どのように3Dを活用したらよいですか?

ECサイトへの掲載画像等の作成、お客様への提案、3Dでトワル・色展開作成など多岐にわたりご活用いただくことが可能です。


詳しくはお問い合わせください。

生地データの取得を依頼できますか?

1点から物性、テクスチャそれぞれ対応可能です。


詳細はお問い合わせください。

1着シミュレーションするのにかかる所要時間はどれくらいですか?

アイテムによって異なりますが、Tシャツくらいのシンプルなもので5~10分程度です。


ジャケットやパンツといったパーツ数の多いもので、1~2時間程度です。

操作を覚えるまでどのくらいかかりますか?
また操作説明などを受けることは可能ですか?

弊社ではご導入いただいたお客様に対してトレーニングを実施しております。


トレーニングは全行程35時間です。


個人差はありますが、上記トレーニングを受けていただければ問題なく操作することは可能です。

レンダリングはできますか?

Ray Traceレンダリングで出力可能です。


画像、動画(アニメーション)、3Dオブジェクト、ターンテーブルの書き出しに対応しております。

ダウンやキルトの表現はできますか?

生地物性のPuffyという項目を設定することで表現可能です。


生地の厚さと膨らみ量を調整してお好みの質感に近づけます。

Adobe製品との連携はありますか?

はい、PhotoshopとIllustratorと連携できます。


PSD、AIファイルの取り込みはもちろん、ディフューズから編集をクリックすると連携したPhotoshopまたはIllustratorで編集可能です。


編集したデータはそのまま上書き保存することで、シームレスにVStitcherに反映されます。

芯地はどうやって貼りますか?

芯を貼りたいパーツに対して芯地の物性(仮のものでも可)の別生地を貼り付けして表現します。


または芯を貼った状態の生地をFabricAnalyzerで計測します。

アバターがうまく編集できません。

まずは目標のパラメーター(例えばバストサイズ)に近づくようにボディサイズや身長など全体に関わるパラメータを調整します。


その後、ウエストなどの各パラメーターを調節すると自然なアバターになりやすいです。